医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう

一人では行えない

医療過誤を相談する人とは

医療過誤を疑われたときに、相談する相手というのは弁護士です。弁護士に相談すると言う事は、裁判による訴えを考えられている人だということになります。しかしながらこの医療過誤は、かなり難しい専門部門となり、協議するのに時間を要します。そのため、医療過誤で裁判にまで発展をする人は非常に少ない数となっています。また裁判に移行するまで、両者間で和解が成立することが数多くあります。これは訴える前に相手が間違いを認め、慰謝料を支払うことで話し合いが終了しているケースです。医療過誤の保障については、かなりの慰謝料が提示されることとなります。ただ医療過誤を認めたくない場合は、慰謝料で和解せずに、弁護士と一緒に戦っていきましょう。

裁判をするときの注意事項

医療過誤だと思い、裁判まで起こして結果を求める人は、それ相当な覚悟がある人でしょう。裁判をするにあたって弁護士を雇わない人も稀にいますが、医療過誤裁判する時は、必ずと言っていいほど弁護士の力が必要になります。裁判となると、あらゆる面から医療過誤ではないかどうかの証拠が必要となってきます。当然訴えた病院からも、病院が不利になることもありうる書面を提出していただくこととなります。ここでよくあることが、裁判を起こしている人の通院していたカルテや書類が改ざんされているケースです。こういった病院側の改ざんも考えられますので、弁護士との相談は緻密に行う必要があります。定期的に相談しながら、裁判に勝てる方法を見いだしていかなくてはなりません。

医療過誤とはなんだろう

医療ミスや医療事故にたいして「医療過誤」というのはあまり聞かないかもしれない。 医療過誤というのは簡単にいうと、医者側に損害賠償請求ができる医療事故である。 ただし、予測可能だったにもかかわらずそうしてしまった場合だ。 胃に入ってしまったものを内視鏡で取り出す際に、上手くいかず胃壁に食い込んでしまったりしたら手術をしなければならない。 このような場合に手術の可能性を説明せずに内視鏡を入れ、さらに胃壁に食い込ませ、そのまま手術を行ってしまったら、これは説明義務違反として医療過誤にあたる。 投薬量を間違え、後遺症を患ってしまった等はたまに聞く話かもしれない。 ニュース等で耳にするのは殆どないだろうが、それが当たり前であってほしいことだ。

やはり弁護士に相談するべきなのか

医療過誤というのは、明らかにそうである場合「示談」で済む場合が多い。 ただし、やはりきちんと弁護士に相談する必要はある。 個人的に医療過誤を指摘し、それを病院側も認め、何となく示談金をもらってしまった。などは起こってほしくない。 弁護士に相談するとなるとやはり相談料などの多額な支払を考えてしまうが、法律というのは難しい。 「病院側が認めなかった場合はどうせ弁護士に相談しなければならないのだから」と割り切ってほしいくらいだ。 ただでさえ相手の過失で心身共に疲弊している中とはいえ、途方に暮れて何となく時間を過ごしてはいけない。 そういうときこそもうひと踏ん張りして今後のためにけじめをつけてほしいを私は考える。 医療過誤などあってはならないことだが、もしもに備えて今から調べてみるのもいいかもしれない。

Copyright © 2015 医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com