医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう

解決する為には

医療過誤は示談により解決するのが一般的

ニュースでも最近目にすることが多くなった医療過誤というケースですが、目のすることが多くなっても、実際に裁判で決着がついたという話を聞くことはほとんどないはずです。 それというのも、こうした医療機関側に過失のある医療過誤というケースは、裁判よりも前に話し合いによる示談の形で収束するのが一般的となっています。 これは何も被害者側が泣き寝入りするということでは無く、お互いが納得のいく形で弁護士が仲立ちをして示談という形に収めることがほとんどなのです。 医療過誤に関して弁護士に相談したとすると、多くの弁護士が病院側との示談を前提として話を進めてくれることになります。 もちろん、依頼主側が強行に病院との対決姿勢を示せば話が違ってきますが、弁護士はそれでも病院側との話し合いを推奨するでしょう。 そこには医療過誤という考え方に関して病院と一般人との考え方の違いがあるからです。

医療機関と一般人との医療ミスへの認識の違い

弁護士が相談に来た患者の要望よりも病院との話し合いを優先するのは、医療ミスそのものに関する医療機関と患者の考え方の相違を誰よりも良く熟知しているからに他なりません。 医療に疎い一般人からすると、せっかく設備の整った病院に入院させ手術まで受けさせたというのに大切な家族の容態が良くならず、またさらに悪化し、最悪の場合死にいったとなれば、即座に医療ミスを疑います。 これには病院に頼れば必ず完治し健康になるという前提が心の奥底にあるからです。 しかし、医療機関側からすれば、そのような前提は全くの理想でしかありません。 どんなに優れた医療技術があっても、良くなる患者もいれば治らない患者も出てきます。 医療機関からすれば人の生命が思い通りに行かないことは当然のことであり、結果が悪かったからと医療ミスを疑われてもどうしようもないでしょう。 その事情をよく知る弁護士だからこそ、相談を受けた患者側に全面的に従うこと無く、相談時に積極的に医療機関側との話し合いを進めてくるのです。

Copyright © 2015 医療過誤は許してはいけないこと、弁護士と解決に向かおう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com